スキンケアに期待してる奴はアホ
ホーム > 美容 > 基礎化粧品のお金のかけどころは?

基礎化粧品のお金のかけどころは?

スキンケアの手順には落とすことと与えることの2つの行程があります。落とすことはクレンジングや洗顔、ピーリング系アイテムなどメイクや肌の汚れ、古い角質を取り除いてくれる働きのもの。与えるのは化粧水をはじめ、美容液やクリーム、ジェルなど肌に必要な水分や油分、栄養を与える働きのものがあります。

 

一般的には「与える」アイテムである美容液やクリームなどにスキンケアの重点を置きがちですが、本当に1番大切なのは「落とすこと」だと思います。

 

一般的に化粧品はある程度、値段に比例するのでお金のかけどころが美容液やクリームに偏り、クレンジングや洗顔などのアイテムは安価でテキトーなものになりがちです。別に安価な商品が悪いということではありません。クレンジングや洗顔の役割の重要性と効果が一般的にあまり重視されていない風潮なのだと思います。

 

しかしそれは間違っていると思います。クレンジングや洗顔はただよごれやメイクを落とせば良いというものではありません。肌にとって不要な古い老廃物である古い角質が肌表面にあることで紫外線や外的刺激を受けやすくなり、肌内部の潤いを奪い、肌がザラついたりゴワついたりします。またメイクのノリももちも悪くなりくすんだ肌になります。なによりどんなに高機能で高額な美容液やクリームを使っても角質のせいで肌に浸透せず無意味になってしまいます。

 

全てのスキンケアアイテムを高額なものにすることは金銭的に大変なことですが、まずはクレンジングと洗顔を高額でもしっかりとした良いものに変えることが、的確な肌への投資方法になると思います。

ハイドロキノンの市販品を購入する前に
http://www.duchyoriginals.jp/